となりの歯医者さん

全国の歯医者さんを多数掲載!エリアや駅から探して口コミをチェック!

  • 掲載歯医者数68,873

  • 口コミ数17,033

審美歯科に関する基礎知識。一般の歯科治療とは何が違う?

見た目に対する意識の高まりと共に、美容整形・脱毛サロン・審美歯科といったワードを耳にする機会も多くなってきたのではないでしょうか?一般的な歯科医院でも、審美性・耐久性の高い、保険適用外治療というものが存在します。そんな中で『審美歯科』というジャンルはどのような治療を行っているのかをご存知ですか?一般歯科と審美歯科の違いや、審美歯科の特徴などを解説していきます。

審美歯科の定義

日本歯科審美学会では、歯科審美を以下のように定義付けしています。
『顎口腔系における形態美・色彩美・機能美の調和を図り、人々の幸福に貢献する歯科医療』
この歯科審美を専門として治療を行っている歯科医院のことを『審美歯科』と呼んでいます。
つまり、虫歯や歯周病といった歯のトラブルを治すために治療を行うのではなく、綺麗な歯並びや白い歯といった美しい口元を作ることが治療の目的となるのです。英語では「Cosmetic Dentistry」と呼ばれ、「美容と機能 」という意味の単語で表されています。
従来であれば歯科医院というと、歯に痛みが出てから行く所・発症したトラブルを治すために行く所、という認識が一般的でした。つまり、「悪いところを治療する」という考え方だったのです。
しかし、近年では歯科医院を受診する理由として、「悪いところを治療する」こと以外に2つの理由が浸透してきました。
1つ目には「悪いところを作らない・歯の寿命を伸ばす」ために受診をするという考え方です。予防歯科という言葉が浸透してきており、定期的に歯科医院でのクリーニングや検診を受けることで、トラブルそのものを未然に防ぐ・いつまでも自分の歯で食事を楽しむということが可能となります。
そして2つ目は「より美しく・より過ごしやすくする」ということを目的とした受診です。これが今回のテーマである『審美歯科』に繋がってきます。
歯には、正しい噛み合わせにより食べ物を噛み砕くという働きがあります。また、口腔内では唾液の分泌や舌の運動などがあり、これらすべてが正しく行われることで消化器官としての正常な働き・健康な口腔状態・綺麗な発音を実現させることができます。
審美歯科では、これらの機能的な側面に加えて『見た目の美しさ』を追究した歯科治療をおこなっています。
近年では、美容整形や歯科矯正・ホワイトニングといった見た目の美しさを追究する医療に対する需要が高まってきています。完璧に整えなければならない!ということではありませんが、清潔感を持ったある程度の見た目の美しさはマナーのように考えられている時代です。そんな時に、トラブルさえ起きていなければ何もしなくても良いということではなく、口元の審美性も含めて全身の身だしなみを整えるという意識を持った人は増えてきていると言えるでしょう。

一般歯科との違い

一般的な歯科医院で行われている治療の大半は虫歯治療です。虫歯により穴が開いてしまった歯を削り、歯材で埋めて補填します。他にも歯周病の治療・入れ歯を作るといった治療が行われています。基本的には、歯の機能面の回復を目的としているため、患者から希望がない限りは、保険適用の治療内容で治療が進められていきます。
これを、診療科目として「一般歯科」と呼びます。虫歯や歯周病といったトラブルを治療しに行きたいという方は、一般歯科を受診しましょう。
一方で審美歯科では、歯の機能面の回復にプラスして見た目の美しさを重視した治療法を行うことができます。トラブルを改善しながら、見た目を美しくしていくこともできますが、今現在痛みや腫れといった症状が出ていない場所に対しても治療を行うことができます。
安心していただきたいのは、審美歯科であってもしっかりと歯科医師が治療を行っているという点です。歯を削る・抜く・被せものを装着するといった医療行為は、歯科医師免許を持っている人でなければ行ってはいけないという決まりになっています。

一般歯科で保険適用外治療を受けるのと、審美歯科では何が違う?

審美歯科というと、「保険適用外で綺麗に治療をすること」というイメージはありませんか?確かに、現在の日本の保険制度では問題のない歯の治療には保険が適用されませんし、歯材に関してもより高い強度と見た目を追究していくと保険が適用されない歯材となるでしょう。
ではそこで疑問となるのが、一般歯科で保険適用外の治療を受けることと審美歯科で治療を受けることは何が異なるのでしょうか?
また歯並びに関しては、歯列矯正を専門に行っている「矯正歯科」というものが存在します。矯正専門の歯科医院で治療を受けるのと、審美歯科で歯並びの矯正を行うのとでは、何か決定的な違いというものはあるのでしょうか?
まず大前提として、法律的に「一般歯科でなければ行えない行為」「審美歯科でしかできない治療」という決まりは存在しません。同じ歯科医師免許をもった医師が治療を行うため、できるかできないかは設備と経験の差に過ぎないのです。
例えば、前歯を保険適用の差し歯から保険適用外のより見た目が綺麗なセラミックの差し歯に作り変えたいというケース。一般的な街の歯科医院で治療をしても、審美性の高い治療を専門として行っている審美歯科に行っても同じような治療を受けることができるはずです。
とはいえ餅は餅屋という言葉もあるように、審美性を求めて治療を行うのであれば、経験や知識も豊富な審美歯科を受診した方が満足のいく仕上がりになるケースもあります。ですが、近年では一般の歯科医院でも保険適用外の治療を豊富に取り扱う医院も増えてきている為、一概に「審美歯科のほうが経験も知識も豊富」とは断言できないのが現状です。
歯列矯正に関しても同じことが言えるでしょう。矯正歯科であれば、歯列矯正のみを専門としているため審美歯科よりも多くの経験や知識を持ち合わせているはずです。
一番大切なのは、医師との相性やコミュニケーションです。保険適用外となると安い治療ではありません。どの医師も、患者さんが満足する治療を行いたいと考えてはいますが、しっかりとコミュニケーションを図り信頼できる医師の元で治療を受けることが望ましいでしょう。

審美歯科ではこんな治療が可能!

審美歯科では、様々な治療を行っています。一つ一つの詳細を見ていきましょう。
・ホワイトニング
歯の色味を改善する治療です。歯の色は一人一人異なるため、黄色味が強いという人も多くいるのです。飲み物や食べ物による着色が原因であれば、クリーニングをすることで改善されますが、歯本来の色自体が黄色味がかっているという場合にはいくら汚れをとっても白くすることはできません。
ホワイトニングでは、歯の色を専用の薬液を使って改善してきます。白い絵の具を塗ったような真っ白や自然に見える綺麗な色味など、好みに合わせて治療を進めることができます。
・歯並びや噛み合わせの改善
歯と歯が重なりあうようにデコボコと生えているものや、下顎が前に出てしまっている噛み合わせ・前歯だけが突出している歯並びなど、歯や顎に関するお悩みは多く聞かれます。
このような歯並びや噛み合わせでは、見た目の美しさが劣るだけでなく、噛み合わせが悪く食べ物を上手に噛み砕くことができないという機能面でのデメリットも発生してきます。
噛み合わせや歯並びを改善しながら、見た目を良くしていくことが求められるでしょう。
・歯の見た目の改善
前歯だけ大きい・八重歯が気になる・歯の大きさがバラバラなど、歯並び以外にも歯に関する悩みは多いでしょう。
一般の歯科医院では、このような見た目を改善するだけのために歯を治療することはあまり推奨していません。審美歯科では、治療により起こるメリット・デメリットをしっかりと説明した上で、治療を希望する際にはカウンセリングの後治療を受けることができます。
気になる歯をセラミックなどの差し歯にすることで、大きさ・形・色を自由に選ぶことができコンプレックスの改善が期待できます。
・歯茎を綺麗にする
差し歯に使われている金属が原因となり、歯茎の変色を招いてしまうことがあります。黒ずみや赤紫色に変色した歯茎に良い印象を持つ人はいないはずです。
このような歯茎の着色を専用の薬剤でもって改善することができます。変色の度合いが強い場合には、切開などの外科的処置が取られることもあるでしょう。歯茎の色が正常に戻るだけで、口元の印象はとても良くなります。
・クリーニング
歯に溜まった歯石は、歯ブラシやデンタルフロスでは落とすことができず、歯科医院で専用の機械を使って除去する必要があります。審美歯科でも、クリーニングを行っている医院は多く、定期的に口腔内を清掃することが推奨されています。

まとめ

審美歯科がどのようなものなのか、お分かりいただけたでしょうか?顔や身体にコンプレックスを持っている方がいるのと同じ様に、歯並びや歯の色など歯に関してコンプレックスを持っており悩んでいるという方はたくさんいらっしゃいます。
審美歯科では、歯の機能性だけでなく見た目の美しさも一緒に追究した治療をおこなっているため、歯や口元に関する悩みを改善することができるでしょう。
綺麗な口元は、自信に繋がります。歯や口元に関して悩みがある方は、審美歯科で相談してみてはいかがでしょうか?

最近チェックした歯医者

口コミランキング

おすすめ記事

人気記事ランキング


都道府県別の歯医者