となりの歯医者さん

全国の歯医者さんを多数掲載!エリアや駅から探して口コミをチェック!

  • 掲載歯医者数68,861

  • 口コミ数16,712

急に歯が痛くなった!そんなときにすぐにできる対処法

食事中に物を噛んだ瞬間にいきなり痛みが走ったことや、頭痛のように痛みがズキズキと継続的に続くようになってしまった経験はありませんか?仕事や育児などですぐに歯科医院に行くことができない方もいらっしゃるはずです。今ある痛みをとにかくなんとかしたいという時の対処法にはどのようなものがあるのでしょうか。
いま痛みはないという方でも、一読していただければ痛みがきた時にきっと役に立つはずです。

歯が痛む原因と治療法まとめ

しみるように痛む・特定の歯が痛い・噛むと全体的に痛いなど、痛みにもいろいろあるように、原因も様々です。代表的な原因・治療方法をご紹介します。
虫歯
口の中の虫歯菌により、歯が侵食されていくことで悪化し痛みを伴います。歯の中には神経が通っており、虫歯が神経の近くに達することで痛みを感じるのです。
侵食や、咬合での刺激などにより神経がダメージをうけて死んでしまうことがあり、その際は痛みを感じなくなることもあります。
しかし、痛みがなくなったからといって治ったという訳ではありません。虫歯となってしまった箇所を治療により削り取り、金属のかぶせものなどで欠損部を補う必要があります。
虫歯は自然治癒することはありません。歯科医院での治療は必須です。
虫歯
口の中の虫歯菌により、歯が侵食されていくことで悪化し痛みを伴います。歯の中には神経が通っており、虫歯が神経の近くに達することで痛みを感じるのです。
侵食や、咬合での刺激などにより神経がダメージをうけて死んでしまうことがあり、その際は痛みを感じなくなることもあります。
しかし、痛みがなくなったからといって治ったという訳ではありません。虫歯となってしまった箇所を治療により削り取り、金属のかぶせものなどで欠損部を補う必要があります。
虫歯は自然治癒することはありません。歯科医院での治療は必須です。
知覚過敏
冷たいものや温かいものなどを口にするとしみるような痛みがでます。飲食が辛く困難になるなど生活に支障をきたしやすい病気です。
原因としては、ブラッシングの際に強い力で磨いていることで、歯茎がけずれ本来歯茎に埋まっているべき部分が露出することで軽い衝撃で痛みを感じるようになってしまっていると考えられます。
また、虫歯の初期段階としてエナメル質が失われた場合にも同じような症状がでます。
治療としては、薬を塗布して経過をみたり、虫歯の場合は問題の部分を削り補填したりする治療が行われます。
歯周病
外的衝撃や、ストレスで無意識のうちに歯を強くかみしめる状態が続いたときなどに起こります。歯にヒビがはいってしまったり、かけてしまったりすることで強い痛みを感じます。放置しておくと、損傷が歯の根元まで達してしまう可能性があり、そうなった場合は抜歯を余儀なくされるケースもあるのです。
口腔内を清潔にたもち、プラークコントロールをすることで大抵の場合改善が見込まれます。
歯の欠損(ヒビや割れ・欠け)
冷たいものや温かいものなどを口にするとしみるような痛みがでます。飲食が辛く困難になるなど生活に支障をきたしやすい病気です。
原因としては、ブラッシングの際に強い力で磨いていることで、歯茎がけずれ本来歯茎に埋まっているべき部分が露出することで軽い衝撃で痛みを感じるようになってしまっていると考えられます。
また、虫歯の初期段階としてエナメル質が失われた場合にも同じような症状がでます。
歯根膜炎(しこんまくえん)
すでに治療を行ったはずの歯が痛いという場合はこの歯根膜炎の可能性があります。また、外から大きな衝撃が加わった場合や、歯周病と同じ様に歯周ポケットに汚れが溜まっている場合も発症の原因となります。
歯とあごの骨とをつなぐ、歯の周りの膜となる部分に炎症が起きてしまう病気です。歯を触ったり物を噛んだりすると痛みがあり、人によっては眠れないほどの痛みとなる場合もあります。
なぜ歯根膜炎が発症したのか、歯や歯根の状態などにより治療方法が異なります。治療や清掃を行うことで、歯を残しておける場合は抜歯せずに治療が進められます。

いますぐできる対処方法

いずれの原因にしても、放っておいて自己治癒できるものではありませんので歯科医院への通院が必要となります。しかし、それまでの間少しでも痛みを和らげたいという場合は以下の対処法を試してみてください。
幹部を外側から冷やす
タオルをまいた保冷材や、貼るタイプの熱取りシートなどを使って、痛む場所を外側から冷やしましょう。そうすることにより、幹部への血の巡りが抑えられ、痛みが軽減する可能性があります。
市販の痛み止め薬を飲む
頭痛や生理痛などに効く、鎮痛剤を内服してみましょう。市販薬であっても、物によっては効能の部分に「歯痛」と明記されているものもあります。飲みすぎは、胃を傷めてしまう原因になるうえ、痛み止めは治癒を目的として作られてはおりませんので頼りすぎないように注意しましょう。
アルコールや長時間の入浴は控える
アルコールの摂取や、入浴をすることで血の循環がよくなります。患部へも過度に血がめぐることで痛みが増してしまいます。痛みがある時は控えるようにしましょう。
タバコやだらだら食べは止める
口腔内を清潔に保つことが大切です。ただ、患部への過度な刺激は逆効果ですので無理に糸ようじなどで綺麗にするのではなく、口をゆすぐなどして清潔にしましょう。

まとめ

歯が痛いというのはとても辛いものがあります。気になって眠れないという場合もありますよね。歯科医院にかかるまでの間、紹介した対処法をつかって上手に乗り切ってください。治療には、時間や期間がかかる場合がありますが、きちんと治して再度痛みが出ることがないようにしてください。

最近チェックした歯医者

口コミランキング

おすすめ記事

人気記事ランキング


都道府県別の歯医者