となりの歯医者さん

全国の歯医者さんを多数掲載!エリアや駅から探して口コミをチェック!

  • 掲載歯医者数68,861

  • 口コミ数16,771

歯列矯正にかかる金額や期間ってどのくらい?失敗ってあるの?

歯列矯正とは、歯並びを治す治療のことを呼びます。矯正と聞くと心配になるのが、治療にかかる時間や期間です。いつから始めるべきなのか、治療に保険は適用されるかなど歯科治療に関しての疑問を解決しましょう。

歯列矯正とは?代表的な症状をご紹介。

歯列矯正とは、名前の通り歯の並びを矯正していくことです。歯並びが悪い・噛み合わせが悪いという悩みを抱えている方が受けるものですが、症状も様々あります。
叢生(そうせい)・八重歯
これは、あごの大きさに対して歯が大きすぎるために収まりきらず重なり合うようにして生えてきてしまっている症状のことです。八重歯に関しても同じ原因で、他の歯と比べて目立つ位置から生えてしまっているのです。
歯並びがよい人から比べると、磨きにくい部分が多く虫歯や歯周病の原因を作りやすい環境にあると言えます。また、見た目も悪いことから矯正を行う人が多く見受けられます。
反対咬合(はんたいこうごう)
下顎が、上顎よりも前に出ており噛み合わせが反対になっている症状のことです。先ほどの叢生の患者さんよりも日常生活に支障をきたすことが多いと言われています。
噛み合わせが反対なため、食べ物の咀嚼がうまくできず不十分なまま飲みこむことになります。また、舌の動きにも影響するため滑舌が悪く聞き取りにくい話し方になってしまうのです。
開口
奥歯をしっかりと噛み合わせた時に、前歯がまったくかみ合わず浮いたような状態になってしまう症状です。歯並び自体には問題はなくとも、このような噛み合わせは矯正の対象です。前歯で噛めていない分、奥歯を酷使してしまうため、奥歯やその周りの歯肉が弱ってしまいます。発声面でもサ行やラ行がうまく言えないなどの問題があります。
矯正を行う患者さんの代表的な症状をご紹介しましたが、他にも「上顎前突(出っ歯)」「不正咬合」など様々な問題から矯正を行うケースがあります。
見た目の問題だけでなく、発声や口腔内トラブルなどが問題となるため治療を希望する患者さんは非常に多くいらっしゃいます。

治療はいつから行うのがベスト?大人になってからでは遅すぎる?

一言に歯列矯正といっても、様々な症状があり症状により矯正の仕方も異なってきます。ですが、基本的には器具を歯に取り付けて力を加えた状態を維持することで治していくという方法が取られます。
これはブラケット法と呼ばれるもので、歯1本1本に銀色の装置をつけその装置同士をワイヤーで繋ぐことで一定の力をかけて引っ張るという仕組みです。
いまは、銀色ではなく目立ちにくい色の素材を使って治療ができる医院もあります。
他には、マウスピースを使った矯正や歯科用レジンで歯間を修復する方法もあります。
症状によっては、抜歯をして歯の本数を減らすことでできたスペースに矯正していくという方法や外科的手術による矯正もあります。しかし、健康な歯を抜いてしまうというのは歯科医師としては避けたいことです。できる限り抜歯をせずに矯正をしていく方向で治療を進めていくことになるでしょう。
始めるタイミングについては、乳歯が抜けきって永久歯が生えそろう8歳~12歳ごろがベストと言われています。まだまだ成長途中の子供の時であれば、顎の骨も成長していくので調整を行うのに適しているからです。
また、完全に生えそろって顎に馴染んでしまっている大人に比べて、矯正の痛みが少ないというのもポイントです。
上記のように子供のころの治療は小児矯正とよばれ、大人になってからのものは成人矯正と呼ばれます。
成人矯正であっても、治らないということではありません。タイミングは成人して永久歯が顎に定着しているのであれば20代でも30代でも変わりはないと言えます。ただ、矯正器具を装着していると、歯が磨きにくくなりますので歯や歯茎が健康な、なるべく早い段階で行うのがよいでしょう。

治療にかかる値段の相場や期間はどのくらい?

矯正を目的として受診をする際は、検査・カウンセリングからスタートします。口腔内を確認し、様々な機械やレントゲンをつかって精密に検査をしていきます。
その後、治療方法などのカウンセリングを重ね医師と患者さんが一緒になって矯正のプランを作っていきます。
基本的には矯正治療や治療に関する検査・カウンセリングなどは保険適応の範囲外となり、自費治療となります。
そのため初診・検査・カウンセリングなど、矯正を行う前段階の時点で5万円以上は発生するのが相場です。
矯正器具代金・器具取り付け・調整などの治療費などトータルして80~100万円はかかるとみておきましょう。器具を目立たないものにランクアップしたり、歯の表面ではなく裏面に器具を付けるなど変更した場合は更に10~20万円プラスとなる場合もあります。
小児矯正の方が安いといわれるのは、期間が短くて済む場合が多いからです。費用としてはどちらも自費であることには変わりありませんし症状によりますので、決して「子供のころから行っていた方が劇的に安い」という訳ではありません。

まとめ

歯並びは、顔の印象を左右するとても大切なものです。人前で話しをする仕事の方はもちろん、女性は特に気になる人が多いのではないでしょうか。一般の虫歯治療とは異なり、時間もお金もそれなりに発生してきます。ご自身や、ご家族に治療をと検討されている方は、まず信頼できる医師に相談してカウンセリングを受けてみましょう。

最近チェックした歯医者

口コミランキング

おすすめ記事

人気記事ランキング


都道府県別の歯医者