となりの歯医者さん

全国の歯医者さんを多数掲載!エリアや駅から探して口コミをチェック!

  • 掲載歯医者数68,821

  • 口コミ数13,080

歯周病ってどんな症状?なってしまったときの治療方法とその後の予防

近年、歯磨き粉のテレビCMなどでもよく聞く言葉である「歯周病」ですが、実際にはどんな病気なのかご存じない方も多いのではないでしょうか。どんな症状がでるのか・また、歯周病にならないためにはどのようなケアが効果的なのかをまとめてみました。

歯周病ってどんな病気?

まず、歯周病とは漢字から想像できる通り、「歯の周りの病気」のことです。歯の周りというのは具体的に言うと、歯茎・歯槽骨・セメント質など主に歯を支えている部分のことを指します。これらの歯の周りの部分が、炎症を起こすことにより弱ってくることによって様々な症状が出てくることを総称して「歯周病」と呼ぶのです。
この歯周病は、いきなり痛みがでたり腫れてきたりするというよりも、徐々に悪化しゆっくりと進行していく病気です。
現代では成人の80%が歯周病にかかっているといわれており、歯を失う原因の中で一番多いのがこの歯周病が原因といわれています。
通常、歯と歯茎のあいだには1~2ミリほどの隙間が開いているのです。この隙間のことを歯周ポケットと呼びます。歯周ポケットに食べ物のカスや汚れが溜まっていくことこそが、歯周病が発病・悪化する原因なのです。
少し汚れが溜まった程度であれば、丁寧なブラッシングや糸ようじなどのオーラルケア商品が効果的ですが、この汚れが時間と共に歯ブラシではとれない歯石となっていきます。
歯ブラシが当たるなどの軽い刺激でも、歯茎から出血をするようになり、歯茎も腫れてきます。悪化してくると、歯茎が赤紫色に変色し、膿みが出る・この膿みや溜まった汚れなどにともない口臭など多数のトラブルが出てくるのです。
最終的には歯茎が、歯を支えることができなくなり、歯が抜けてしまうこともあります。

歯周病になってしまった場合どんな治療をするの?

歯茎が炎症を起こして赤くなっている等の、軽度の症状であれば歯科医院でのクリーニングが効果的です。専用の器具で、口腔内をクリーニングすることで普段のブラッシングでは取ることの難しい、歯周ポケットの汚れも綺麗にすることができます。
合わせて、ブラッシング指導などを受けて、歯と歯茎を綺麗に保つようにすれば軽度の歯周病は治すことができるのです。
中度以上の症状が出ている場合においては、投薬による治療を行うこともあります。前述したとおり、汚れが原因となり歯周病が悪化していくのですが、汚れを餌とする細菌による病気なので、抗生物質を投与することで、菌を減らす治療法がとられる場合もあるのです。
すでに歯が抜けてしまっている場合には、インプラントや周りの歯を使って欠損部分を補う治療が施される場合が多いです。

歯周病予防のためにできることとは

歯茎の汚れと侮っていると、歯そのものに影響を及ぼしかねない「歯周病」。歯周病にならないために日頃からできるケアをしっかりと続けていくことが大切です。
一番おススメするのは歯科医院での検診・クリーニングです。歯科医院というと、歯が痛い時などなにか症状が出ないと行かないという方が多いですが、なにも気になるところがなくても半年ないし1年に1回は検診にいきましょう。
先ほど説明したように、歯科医院では器具をつかって口の中を綺麗にすることができます。もちろん保険適用で処置ができますので、費用面でも安心です。どんなに普段から丁寧にブラッシングをしていても、歯周ポケットの中の汚れというのは取り切れないものです。また、磨き方には人それぞれ癖があることがほとんどで、あまり磨けていない場所が必ず誰しも存在します。
それをプロの手でしっかりと綺麗にしてもらうことが一番の予防です。定期検診のスパンは人それぞれで、1年に1回でもOKですが、医師の判断で汚れが溜まりやすいと思った人には3ヶ月や半年に一度の受診を勧める場合もあります。
日頃からのケアとしては、歯間ブラシや糸ようじといったフロスを使用することが、非常に効果的です。初めて使用した場合や、久しぶりに使った場合などは、出血することもあります。しかし、汚れがとれて歯茎が引き締まって来れば出血の頻度も少なくなってくるでしょう。ポイントとしては、力を入れすぎないことです。歯茎を傷つけることが無いよう、優しくケアしましょう。歯と歯茎の隙間を意識することが大切です。

まとめ

最初にお話した通り、成人の80%が歯周病と言われています。これは軽度の患者さんも含んでのパーセンテージです。歯周病は少しずつ少しずつ悪化していき、最終的には歯が抜けしまうこともあるのです。日頃のケアと検診を合わせて行うことで、予防することができる病気です。かかりつけ医をつくって、健康な歯を守っていきましょう。

最近チェックした歯医者

口コミランキング

おすすめ記事

人気記事ランキング


都道府県別の歯医者